Amazon(アマゾン)のアカウント停止にならない為にやるべきこと

141

せどりは主にアマゾンで販売していくと思いますが、

アマゾンにはアカウント停止処分があります。

 

これはアマゾンで定める規定に達していない場合、

アカウントを停止して利用できなくする為の処理です。

 

アカウント停止中は、出品はもちろん入金まで止められるので

カードで仕入資金を回している場合などは致命傷になりかねません。

 

アカウント停止を避ける為には、停止条件をしっかりと

把握していく必要がありますのでアマゾンで定めている停止条件を

まとめてみました。

 

 

パフォーマンスに問題がある

アマゾンは顧客満足度に注力しているので特に注意が必要です。

パフォーマンスとは「注文不良率、キャンセル率、出荷遅延率、評価、

Amazonマーケットプレイス保証の申請率、返金率」などが主に該当します。

 

Amazonマーケットプレイス保証は、商品説明が著しく違った場合や、

出品者が返金処理に応じない場合などに、購入者からアマゾンに返品を訴える

サービスです。基本よほどのことがない限り使われませんが、購入者の中には

クレーマー体質で商品に問題がないのに返金を求めてくる者もいます。

こういった場合にも、返品受けるしかないのです。

そこで拒んでアカウント停止されたほうがよっぽど、ダメージが大きいので

グッとこらえて対応しましょう。

 

また返金率で自分に過失がない場合はアマゾンに連絡をしてみましょう!

場合によっては、評価を取り消してくれる場合もあります。

詳しい記事はこちら。

 

 

 

 

●出品禁止商品又は出品制限に関する契約違反

この、規約に関しては細かく設定されていますが、一般的に多いのは

 

  • 模倣品(偽物)を販売
  • 不良在庫(商品を間違って送ったり)コンデションを偽って販売など)
  • 返金依頼を拒否する
  • 盗難品を販売する
  • 評価の強要
  • 並行輸入品の記載されてない

 

 

とこんなところでしょうか。

基本的には気をつければ問題ない内容ですが、

並行輸入の記載など細かな点は気をつけてなければなりません。

 

 

そのほかにも同一名義で複数アカウントを使用して数量限定商品を

買った為に、出品者用アカウントが停止して、事例もありましたので

そういった使い方をされている方は注意してくださいね。

 

以上の規約を守ることはアカウントを守る=自分を守ることに

つながりますので、規約に関しては,しっかり確認しておいてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が役に立ったと思ったらダブルクリックして応援してください^^


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


代替テキスト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ