Amazon(アマゾン)の返金対応方法の違い~せどり入門~

 

 

034

アマゾンで商品を販売すると必ず付いてくるのは、返品です。

返品条件は出品方法によって異なります。

 

FBAを使って商品を販売する場合は、アマゾンのポリシーに従って

返品対応する必要があります。

 

と言っても、返品処理は、全てアマゾンが行いますので

出品者側でしなくてはならないことは特にありません。

 

出品者都合であろうが悪質なクレーマーであろうがアマゾンが良しとするなら

返品を受けなくてはなりません。

 

この点はアマゾンを利用する上で変わりようがないことなので潔く諦めるしかありません。

 

返品処理を全てアマゾンが請け負ってくれる点は、FBAのメリットですが、

有無を言わさない返品処理で販売者側の意見が通らないのはデメリットですね。

 

それと変わって個人出品に限っては返金の有無を出品者が選択できます。

 

 

Amazon.co.jp で販売している商品とは異なり、

Amazon.co.jp はAmazonマーケットプレイスでの取引には直接関与いたしません。

出品者には、独自の条件を設定している場合とAmazon.co.jp と同等の条件を設定している場合があります。

 

とアマゾンも謳っています。

 

個人出品の場合は、購入者から返品リクエストが届き、出品者が

自ら手続きをして返品する点に大きな違いがあります。

 

言い方を変えると、悪質なクレーマーなどには返品処理を行わなくてもいいのです。

 

とは言っても基本的にはアマゾンの規約にそった方法で対応したほうが無難です。

 

 

もちろん悪質なクレーマーなどは、お断りで問題ありませんが通常の事由であれば

返金処理を行う必要があります。

これは、購入者を優遇するアマゾンのポリシーの問題で条件を満たす返品を拒否することは

できないとされているからです。

 

アマゾンを利用するうちはアマゾンが絶対なので規約に沿った方法で対応していきましょう!

普通に対応していた場合、返品率は1~2%程度ですのであまり気にしなくてもいいです。

何度も対応するうちに慣れてきますので。

次のページでは実際の返金処理の方法をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が役に立ったと思ったらダブルクリックして応援してください^^


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


代替テキスト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ