パッケージに難あり商品の出品コンデションの目安~せどり入門~

AmazonAPI-e1397886078429

 

商品を仕入れした際に、箱やパッケージの状態が良くない商品が

出てくると思います。中には痛みがひどく新品として

出品していいのか迷う商品もあると思います。

今回の記事はそんな方へのアドバイスになればと思います。

 

 

まず、パッケージの場合のコンデションでよくあるのは

  • 箱潰れ
  • 箱汚れ、黄ばみ(展示期間が長い商品)
  • パッケージ割れ(フックにかける部分など)
  • パッケージ破れ(本やDVDなど)

 

などが一般的でしょうか。

特に展示期間が長い店頭品などは痛んでいる可能性が高いです。

コンデションは商品一つ一つで違うの一概に言い切れませんが

自分が購入する立場になって考えてみるといいと思います

 

 

新品として届いて許せる範囲の商品は、新品で出品しても

問題ありません。コンデション判断は最終的にクレームを

防ぐための処置なので多少スレがあっても新品と判断できる

状態の物であれば問題ありません。(もちろん未開封ですよ)

 

 

 

原型と比較して明らかな箱つぶれがある商品が送られてきたら

あなたならどう感じるのか?

 

パッケージがびりびりに敗れたDVDが届いたらどう感じるのか?

 

 

 

 

以上のように自分の立場だったらどう思うかを基準にすると

コンデション判断がしやすくなると思います。

 

 

あと一つ知ってほしいのは、

購入者は商品説明をあまり読んでいない点です。

 

中古ではそんなことはありませんが、新品の場合

価格だけで判断している購入者が多いので、

 

コンデションは悪いけど、説明文に書いたから大丈夫か!

 

と安易に考えていると、痛い目にあったりしますので

その点は頭の片隅に置いておいてくださいね。

 

 

とはいえ店頭商品のパッケージにはそれなりに傷がついていると思います。

ですのでそこまで神経質になる必要ありません。

 

ただ明らかな破損などはクレームにつながる可能性があるので

注意してくださいね!

この記事が役に立ったと思ったらダブルクリックして応援してください^^


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


代替テキスト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ