ブックオフの値札の特徴を知ろう!~せどり入門~

 

images

ブックオフで効率的な仕入をする為に、値札の特徴を知っておきましょう!

この点を知っているだけで無駄なリサーチ時間を削減することができます!

 

本せどらーの中では、基本中の基本ですのでしかっりと押さえておきましょう!

 

 

ラベルの色で発売時期を判断する

image

写真のようにブックオフのラベルには4種類の色があります。

色ごとに販売された時期を表しています。

時期は以下をご覧ください。

 

黒 1月~3月

緑 4月~6月

赤 7月~9月

青 10月~12月

 

 

値札ラベルが1枚しか張られていない場合は、その色の時期に棚に出された可能性が

高くなります。数枚ラベルが重ねて張った場合は、その色の時期に価格が

改定されたと予想することができます。

 

ここで注目するのは重ね張りされている時です。

例えば4月に青色のラベルが張ってある時は、前の年の10月から12月に

価格が改定されていることになりますので利益を取れる可能性が低くなります。

 

なぜかと言うと、価格改定から一定期間経過しているということは

他のせどらーがスルーしている可能性が高いからです。

 

せどらーにスルーされている=利益が取れない

 

と考えるべきです。この方法は絶対ではありませんが、大概のお店で通用すると思います。

 

201503021254081_thumb

 

ラベルの他にも写真の様なラベルシールでも判断できます。

赤枠で囲っている部分が価格改定された日になります。

よくみると重ね張りされていることがわかります。

 

この商品の場合、初めはプロパーからスタートして最終的に定価の4分の1ほどの

価格で販売されていました。

 

 

ラベルひとつでもこれだけの情報を得ることができますので基本は

しっかりと覚えたのちに仕入するようにしましょう!

 

 

 

 

この記事が役に立ったと思ったらダブルクリックして応援してください^^


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


代替テキスト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ