家電せどりの保証についての基礎知識

danboard-cheero-power-plus

家電せどりをするなら保証についての最低限の知識は必要です。

今回は保証の基礎について説明していきます。

 

 

保証の種類

一言に保証と言っても保証は2種類あります。

一つ目はメーカー保証

二つ目は家電量販店独自の保証

メーカー保証は、文字どおり生産メーカーが保証する制度で

購入後1年間は自然故障はメーカー側で保証してくれます。

 

家電量販店の保証は各法人ごとで独自付けている

無料保証または、有料保証です。

safetywarranty_headerImg

有料保証は商品代金の○%分を追金するケースがほとんどで

各社が定める保証規定によって内容が異なります。

3年保証に加入したとすると

メーカー保証1年間+販売店保証2年

といった具合になります。

仕入する商品にわざわざ追金して保証を付ける必要はないので

家電せどりの場合はメーカー1年保証が対象になりますね。

 

 

保証対象となるケースとならないケース

商品の故障には色々なケースがあります。

電源が入らない。画面に線が入る。音が出ない。異音がする。ボタンが聞かない。

上記のような通常使用の中で発生した故障についてはメーカー保証の対象となります。

 

逆に以下のようなケースは保証対象外になります。

落として壊れた。水没。物が当たって壊れた。

など使用者に過失があった故障は、一切保証されません。

メーカーは過失をどこで判断するかと言うと外傷があるかどうかで判断することが多いです。

例外で水没に関しては、外傷が見受けられないケースが多いですが、大抵機会の中を

見ることで解ります。(携帯とかと一緒ですね。)

 

上記の事由から出品者から故障の連絡があった際は

どういった経緯で故障したのか聞き出しも重要になります。

 

 

次のページでは修理方法について説明していきます。

 

 

関連記事

新品家電せどりで狙うべき商品

家電せどりで狙うべき商品②

家電せどりで狙うべき商品を考える~季節商品~

家電せどり保証書を扱いについて

家電せどり保証の基礎②~修理の方法~

この記事が役に立ったと思ったらダブルクリックして応援してください^^


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


代替テキスト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ