家電せどり保証の基礎②~修理の方法~

danboard-cheero-power-plus

前回の記事では家電保証の種類について説明しましたが

今回は、修理の方法について説明していきます。

 

 

修理方法

自然故障になる場合は、メーカーに修理を依頼しますが、メーカーの修理方法は

出張修理と、持ち込み修理の2タイプの方法があります。

どちらの方法で修理するかは、製造メーカーによって異なりますが、

 

持ち込みが難しい大型商品(TVなど)は、出張修理

持ち込みが容易な小型商品(ラジカセやコンポ)

 

などは持ち込み修理になるケースが多いです。

※出張修理自体対応していないメーカーもあります。

 

通常持ち込みの場合、販売店に修理品を出しますがアマゾンは店舗がないので

以下の方法で対応する必要があります。

 

  • メーカー修理受付センターに直接持ち込み
  • メーカーに着払い発送
  • 家電量販店に持ちこみ

 

 

修理受付センターに直接持ち込み

メーカーによっては、主要都市に修理受付窓口を用意している場合があります。

その場合は直接持ち込むことで修理に出すことができます。

ただし大きなメーカーでないとほとんど窓口がないので事前に確認が必要になります。

例)https://www.sony.jp/support/repair-contact.html#counter

 

 

 

メーカーに着払い発送

近くに受付窓口がない場合、メーカーによっては郵送で修理受付するケースもあります。

この場合ほ着払いでメーカーに故障品を送り、修理後メーカーから自宅に商品を

送ってもらう形式になります。この方法もメーカーによっては、対応していないので

確認が必要です。

 

 

家電量販店に持ちこみ

以外に知られていませんが、家電量販店では、他のお店で購入した商品の

修理受付もできます。アマゾンの様な店舗を持たない通信販売で購入した

商品の修理受付も可能です。上記2点の修理方法が難しい場合は、

量販店に持ち込むよう案内しましょう。

しかし、量販店側からすると自社で購入していない商品の修理受付は、

手間がかかるだけでデメリットでしかありません。場合によっては、手数料を取られるケースも

あるので購入者の住むエリアの量販店に確認した後、伝えるのが親切です。

 

 

以上を踏まえて、修理を案内することでクレームを減少させることができるので

この基本は抑えておいてくださいね。

 

関連記事にて発送時の保証書の管理についても説明していきますので

よければ読んでみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

新品家電せどりで狙うべき商品

家電せどりで狙うべき商品②

家電せどりで狙うべき商品を考える~季節商品~

家電せどり保証書を扱いについて

家電せどりの保証についての基礎知識

この記事が役に立ったと思ったらダブルクリックして応援してください^^


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


代替テキスト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ