確定申告青色と白色の違いは?せどり確定申告

 

kakuteisinnkoku

 

 

 

 

 

 

せどりで収益が出てきたら確定申告が必要になります!

今回は確定申告について説明していきます。

 

せどりで1年間の売上が20万円(専業の場合38万円)を超える場合確定申告が必要になります。

 

個人事業の確定申告には、「青色」「白色」の2種類があります。

青色申告の場合、特別控除の金額が「10万円」と「65万円」に分かれています。

 

せどりの売り上げは100%利益ではありませんね?

仕入金額、交通費、発送料、消耗品の購入など販売までには色々と費用がかかります。

 

確定申告をすることで費用部分を控除することができます。

 

しかし事業によって経費の掛かり方は全く違いますね?

全く経費がかからないビジネスモデルから、毎日経費がかかる職種など多種多様です。

 

そこで、所得税法では、

  • 経費をおおまかに計算するだけで、申告ができる方法(白色申告)
  • 取引を細かく記録しなければならないが、控除額が多くなる方法(青色申告)

の二通りを定めているのです。

白色申告と青色申告の違い

白色申告と、青色申告には、どんな違いがあるのでしょ以下の表をご覧ください。

白色青色表

 

見比べると違いがありますが、どちらで申告した方がよいのか判断が難しい場合があると思います。

そんな方は以下を参考にしてください。

 

 

白色申告向きの環境

 

  • 経費の出費がほとんどない方
  • 事業を始めたばかりで収入が少ない方
  • 経理経験もなく事務作業が難しい方
  • 副業事業で収入が少ない場合

 

白色申告のメリットとして、青色申告と比べ作業量が少なく収入が300万円以下の場合、

帳簿をつける義務がありません。

簡易簿記をもちいるのでそこまで複雑な入力もありませんので上記のような方は白色申告がおすすめです。

 

 

青色申告向きの環境

  • 利益が大きい
  • 青色申告の経験がある
  • 法人設立して今後取り組んでいく場合
  • 従業員を雇って事業展開していく予定がある

 

以上の方はより控除額が大きい青色申告がおすすめです。

また青色申告の場合一定条件をクリアすることで

  • 赤字を3年間繰り越せる
  • 減価償却資産を300万円まで一括処理できる

 

といったような利点も青色申告のメリットです。

65万円特別控除の申告をする場合は、作業が複雑になるので可能であれ税理士さんに依頼したほうが

間違いありません。

 

青色申告をする場合にはその年の3月15日までに届けが必要なのでご注意を!

 

少し長くなりましたが以上が青色申告と白色申告の違いでした!

この記事が役に立ったと思ったらダブルクリックして応援してください^^


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


代替テキスト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ