モノレートの使い方②

グラフィックス1

今回は、モノレートのグラフの見方を説明します。

 

 

 

 

 

 

 

前回、モノレートの検索方法を説明しましたが、今回はグラフを見ていきましょう。

 

mono10sumi

①新品商品と中古商品の最安値価格がわかります。文字をクリックするとアマゾンの

商品ページに飛びます。

 

②ランキングとは文字通りその商品の順位を示しています。

ランキングが「1位」に近いほど、その商品は人気があり、よく売れていると言えます。

 

 

 

グラフの見方

mono11

商品情報のすぐ下には価格の推移を表したグラフがあります。

緑が「新品」、オレンジが「中古」・グレーが「コレクター商品」、茶色が「参考価格」の価格推移です。

折れ線が上方に向かえば価格は上がり、下方に向かえば価格は下がって出品されていることが確認できます。

 

mono12

折れ線が上方に向かえば出品者数の増加を、下方に向かえば減少を示しています。

出品者数が増えている時には価格は下がる傾向にあります。

これは需要に対して供給量が増えており、価格競争がおこりやすく商品価格が下落しやすくなるためです。

逆に出品者数が減って、供給量が少なくなり需要が上がれば商品価格は高騰しやすくなります。

 

 

mono13

ランキングの折れ線グラフは、前述のグラフの見方とは逆になり下方に向かうとランキングが上昇していることを示しています。

Amazonでのランキングの上昇は商品の人気の上昇を示しており、基本的には商品が購入されるとランキングが上昇します。

つまり、折れ線グラフの波形が谷をつくればつくるほどその商品が売れていることを示しています。

そのためこちらの商品はかなり人気があり高回転の商品と言えますね!

 

これを利用してランキングでは売れ方の判断ができます。

 

mono14sumi

赤枠部分で表示期間を設定できます。今回は3カ月で見ています。

グラフを見ると、この商品は2つの谷を作っています。

つまりこの商品は3ヶ月の間に2つは売れていることが予測できるのです。

前述のような人気のある商品ではない場合、だいたいどれくらいのペースで商品が売れているのかを予測できるようになりますね。

 

最後にページの一番下に様々な情報が統合された表があります。

グラフィックス2

 

矢印の部分をみると

出品者数が減り、ランキングがあがっているためこの期間に商品が売れたことが推測できます。

 

アダルトや一部の商品では上記に記載したグラフがモノレートに表示されない場合がございます。

そういった場合はこちらの表で出品者数の減少やランキングの推移からどういった頻度で商品が売れているのかを判別できます!

以上で簡単ですがモノレートの解説とさせていただきます。

うまく活用して仕入れ・販売に役立ててください!

 

 

関連記事

モノレートを使ったアマゾンランキング判断基準

この記事が役に立ったと思ったらダブルクリックして応援してください^^


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


代替テキスト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ