モノレートを使ったアマゾンランキング判断基準

ダウンロード

仕入れするときの判断材料となるランキング。

今回はランキングと使った判断と注意事項を説明していきます。

 

 

 

 

 

 

仕入の基準となるランキングですが、各ジャンルごとの出品件数によって変わってきます。

具体的にいうとあなたが狙っているジャンルの総出品数に5%をかけた数字が目安になると言われています。

例えばDVDの場合ですと

 

2sumi

DVD全体の出品数が1,305,589件ですのでこの数字に5%をかけた65,279位までが仕入対象と考えます。

 

本の場合

3sumi

8,600,338×5%=430,000位となります。

 

 

この数値は、この程度のランキングであれば3カ月以内に売れていく可能性が高いという目安でしかありませんので

絶対というわけではありません

前情報がない新規ジャンルに挑戦するときなどは、この計算でランキング判断をするのもよしです。

自分の得意とするジャンルのランキング基準は頭に入れていおいた方がいいかと思います。

 

 

ランキングの注意点

アマゾンランキングは

長期間売れていない商品が一度でも売れことによってランキングが急上昇することがあるので

上記の様なランキングだけで仕入れ基準を決めるのは危険です。

仕入基準を確認するときは必ずモノレートの波形も同時にチェックします。以下をご覧ください。

 

5

この商品は平均ランク6万位台ですが1/4に1点売れていることがわかります。

その時のランキングに注目すると一気に28,4497位まで上昇していますね。その後は売れずにまた順位が

降下していっているのがわかります。

 

6

逆に上のグラフですと商品が安定してい売れていてランキングに信憑性がありますね。

ランキングも重要ですが、このように波形も同時にしっかりとみることで仕入ミスを未然に防ぐことができます。

 

以上がモノレートのアマゾンランキングと判断基準と注意点でした!

参考にしてみてくださいね!

 

⇒モノレートはこちらから見れます。

 

 

 

 

 

 

この記事が役に立ったと思ったらダブルクリックして応援してください^^


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


代替テキスト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ