オークファンPROのメリット



今回は意外と知られていないオークファンPROのメリットについて説明していきます。

 

 

 

 

 

オークファンPROとは

オークファンで過去の落札相場を確認できるのは、ご存知の方も多いと思います。

オークファンPROとは更に一歩踏み込んだ解析方法で、データ解析から

人気の商品をはじめ、どういったカテゴリの商品がいつ売れやすいかを

丸裸にすることができるツールです。ここではどうのよう事が出来るか簡単に紹介します。

 

 

 

 

商品リサーチ

41nklWG97KL (1)

今回はPS4 CUH-1100 を検索してみます。

 

1

型番を入力して「相場検索」を実行します。

 

akufan6

2

型番のみで検索すると余計な商品が出てくる場合があります。

そんなときは、除外ワードを使います。

今回は20周年限定モデルを除外する為に、「20周年」と入力しました・

絞り込み条件で「新品」にチェックをして再度検索します。

 

5

4

 

画面左側に「平均価格」が表示されます。

右上のタブを選択すると商品順にソートできます。

 

 

 

6

平均価格がわかったところで次に「データ分析」を行います。

商品にもよりますがデータ取得期間は30日がおススメです。

これは短すぎるとデータ量が少ないですし、長すぎると正確な情報が得られない為です。

 

okufanpro4

ここで初めにチェックするのは、「落札率」「総落札数」「平均落札額」の3点です。

せどりを行う上でこの「平均落札額」以上で販売することを目標とし、利益を最大限にすることが

もっとも大事です。

 

 

1

23

 

データ分析を行う上で上記の3点を元に分析していきます。

 

 

 

5sumi

曜日分析の「詳細」をクリックスト詳細画面が表示されます。

画面下の「平均落札価格」を確認します。「平均落札価格」をクリックすると並び替えができます。

 

画像は並び替えてあとですが、曜日によって落札価格を比較すると違いがわかります。

一番高い月曜と、一番安い火曜日を比べると9000円近く価格差がありますね。

この商品の場合、終了日を月曜日に設定すると間違いなさそうですね。

 

 

 

 

次に時間帯分析を確認します。同じく詳細ボタンをクリックします。

 

6sumi

今回は落札件数が多い順にソートしました。

0時に39000円で落札されていますが、1件しか落札されていません。

それよりも21時~23時の間の方が、入札者が多いことがわかります。

ヤフオクのピークタイムが20時~24時と言われているので、その中でもっとも平均落札額が高い時間を

狙って出品します。

 

 

 

平均落札価格と時間帯がわかったら次に開催日数分析を行います。

 

7sumi

同じく詳細画面を開いてソートを行います。

もっとも高いのは2日間になっていますが、落札率は75%となっています。

比較して4日間の場合、落札率が100%になっていることがわかります。

価格差は約400円です。この場合、回転率を優先したい場合、2日に設定し利益額を設定する場合は

4日間に設定してあげればいいですね。

 

 

 

以上簡単ではありますが、オークファンPROの解析方法でした。

見ていただいて解るように適切な、日時、時間帯を設定するだけで利益に大きな違いが出てきます。

他の機能を利用することによって、商品リサーチもできますのでそちらは別の回で説明していきます。




 

関連記事

オークファンPROを使った商品リサーチ①

オークファンPROを使った商品リサーチ②

オークファンPROを使った商品リサーチ③

この記事が役に立ったと思ったらダブルクリックして応援してください^^


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


代替テキスト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ