せどりビームのおすすめ機種は?

71n1J9PvVCL-horz

ビームを購入するに当たり、おススメ機種は以下になります。

 

71n1J9PvVCL._SL1500_ KDC200

【価格】 37000円前後

【サイズ】 (W35×H62×15mm)

【重量】 34g

【読み取り回数】約5000回

 

 

 

 

71OKUUl2NfL._SL1500_

MS910

【価格】 13000円前後

【サイズ】 H18×W24×L65mm

【重量】 24.6g

【読み取り回数】約5000スキャン

 

 

 

 

 

 

上記2機種がせどりをする上で適しています。

読み取り回数は両社共に差がありません。

 

サイズに関してはMS910の方が小さいので目立つことなくスキャンできますが

KDC200もそこまで大きいわけでありませんのでサイズについては賛否両論です。

 

一番の違いはスキャン性能になります。

 

KDCを使ったことがある方はほぼ100%意見が一致します。

 

価格もMS910と比較しても3倍なわけですので比較するのもかわいそうな気もしますが。

 

CD、DVD、ゲームなどはプラスチックのケースに入って販売されていることも少なくありません。

↓こんな具合です↓

xbox

プラスチックに入っている場合、読み取りの制度が落ちますが

KDC200はその影響を受けにくくなります。

読み取れる距離もKDC200の方が圧倒的に長くなるので

ガラスケースに入っている商品を読み込む際に重宝します。

これは私も実際に両方使ってみて実感しました。

 

全ての商品がケースに入っているわけではありませんが

メディア系を中心に攻めていくならKDC200がおススメです。

 

 

DSC_0401

こういったケースになにもついていない商品であればMS910でも

ストレスなくスキャンできます。

 

 

結論から言うと、KDC200を購入した方が長い目で見てもおススメですが

価格が高いと感じる方は、入門編としてMS910を購入しても全く問題ありません。

 

MS910を使うだけでもスマホのカメラよりも数倍早くスキャンできます。

 

またMS910は新品で13000円程度ですが、中古で9000円ほどで売れていますので

MS910を使って物足りなさを感じた時にKDC200を購入することもできます。

 

どちらの機種も1万円を超えますが、導入するメリットの方が

間違いなく大きいので先行投資で導入したほうがおススメです。

予算に合わせた機種選びをしてくださいね!

 

 

KDC200の詳細ページはこちらから

MS910の詳細ページはこちらから

 

 

 

 

 

この記事が役に立ったと思ったらダブルクリックして応援してください^^


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


代替テキスト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ