せどり確定申告の重要性

 

shk_su01

せどりを行う上で帳簿はつけていますか?

帳簿の重要性について説明していきます。

 

 

 

 

 

なぜ帳簿が必要なのか?

あなたは、帳簿をつけていますか?

付けていないという方は要注意です。帳簿を付けいないということは、確定申告ができないということになります。

確定申告すらしていないという方は、赤信号です。

今は音沙汰がないからと放っておいているかもしれませんが、税務署に泳がされているだけかもしれません。

 

追徴課税

申告漏れ、過少申告、無申告などの所得隠しが発覚した場合過去の未納分に対して課税した金額を

請求される制度です。

 

税金の納め方によって追徴課税額が変わってきますので、詳細は下記をご覧ください。

 

 

過少申告加算税

期間内に行った申告に対して、修正、更生があった場合。

簡単にすると本来納めなければならない金額を下回って納税していたケースになります。

この場合、追加で支払う金額が50万未満のケースですと10%、50万円以上のケースだと超えた分に対して15%分が

課税されます。

ちなみに税務調査前に申告した場合は、課税は免除されます。

 

 

無申告加算税

期間内に何らかの事由で申告せず、期間後に申告した場合に適応されます。

この場合、50万円未満→15% 50万円を超える部分に対して20%が課税されます。

自主的に申告した場合、一定条件を満たしていれば課税率が軽減します。

 

 

不納付加算税

法廷の納付期限後に納税した場合に適応されます。不納付加算税は追加で支払う税額に対して更に10%の税率が

加算されます。

 

 

重加算税

上記3種類の課税が対象かつ隠隠ぺいしていた事実があった場合に適用されます。

重加算税は対象者が「過少申告加算税」もしくは「不納付加算税」の場合35%。

無申告課税の場合40%が加算税の代わりに課税されます。

 

 

 

シュミレーション

100万円分を申告せず重加算税の対象と判断された場合で考えると

100万×40%=140万円

 

と当初納めるはずだった金額の1.4倍です。今回は簡易的に計算していますが

実際には、この金額以外にも延滞日数分等の課税もありますので

実質のところ1.4倍以上です。

年数が長ければ1度に納める金額が大きくなっていくこともわかります。

 

追徴課税は最大7、過去年間分請求されますので2.3年通知が来ていないから大丈夫!とういう話にはなりません。

これを未然に防ぐには日頃からの帳簿付けや、領収書等の保管がとても重要になりますので

これからせどりを始めようと思っている方は、しっかりと管理しましょう!

この記事が役に立ったと思ったらダブルクリックして応援してください^^


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


代替テキスト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ